JP EN

横濱ジャズプロムナードとは

街全体をステージに

街全体をステージに

「横濱ジャズプロムナード」は、市民とミュージシャンが一体となって
「街全体をステージに」を合言葉に1993年にスタートしました。
その後、多くの皆様のご支援とご協力によって毎年その規模を拡大し、
毎年10万人を超えるお客様をお迎えするまでに成長しました。
この間、横浜市内では大小様々なジャズイベントが新たに開催され、
ジャズクラブも増加してきました。
「ジャズの街・ヨコハマ」を国内外にアピールし、
街の活性化や集客増にも寄与するフェスティバルとなりました。

“日本のジャズのふるさと”

港町らしい進取の精神のもと、横浜の歴史、文化、ロケーションなどの利点を総合的に生かしたジャズ・フェスティバル―「横濱ジャズプロムナード」の開催される2日間は、“日本のジャズのふるさと”横浜の、このイベントに出演するため日本中からトップミュージシャンが集結します。
最近では海外からの出演希望者が急増して、国際港都にふさわしい様相を呈しています。
日本のジャズのふるさと
世界へジャズを発信

世界へジャズを発信

国内外で活躍する多くのジャズ・ミュージシャンを育ててきた
歴史的背景を生かし、全国、さらには世界へ、
横浜からジャズを発信しています。

プログラム

ホールライブ

ホールライブ

ベテラン・ミュージシャンにはふだんと違う演奏を、
新進気鋭には自分の音楽を思いっきり表現する。
そんな格別なステージを、海外勢をふくむ意欲あふれる出演者でお贈りしています。
「横浜でしか体験できない」白熱した感動のステージが聴けることは間違いありません。
ジャズ初心者から愛好家まで誰もが楽しんでいただけるように、
トラディショナルからモダン、コンテンポラリーなもの、
さらにはラテン・スピリッツのものまで、
ジャズをメインにバラエティに富んだプログラムを提供し、
多くの皆様に楽しんでいただいています。

ジャズクラブ

日頃の横浜のJAZZシーンを育み、支えているジャズクラブとも協働でライブを展開しています。
ホールとはまったく違う雰囲気のジャズクラブで、グラスを片手に間近の音楽に酔いしれるのも魅力です。
ジャズクラブ
街角ライブ

街角ライブ

アマチュアとして活動するミュージシャンを中心に、
市内の街角や観光スポットをステージにしてライブを展開しています。
通りがかりの一般市民や観光客・買物客がジャズの楽しさに触れる場作りを行い、新たな聴衆層の拡大・掘り起こしを図っています。
プロステージに負けない、白熱したパフォーマンスで、
さらなる街のにぎわいを創り出しています。

ジャズコンペティション

ジャズ界の新たなスターを、横浜から発掘・発信しています。
審査員には一流ミュージシャン、メディア、ジャズクラブの人々を迎え、ライブの演奏力をもっとも重視した実力派のアーティストを選出します。
すでにここから多くのスターが生まれています。
ジャズコンペティション

運営組織

世界へジャズを発信

市民による手作りイベント

横浜ジャズプロムナードは市民による手作りのイベントです。
企画・運営の中心となっているのは、
「横濱JAZZ PROMENADE 実行委員会」です。

実行委員長 西丸與一(横浜市立大学名誉教授)
事務局長 鶴岡博(横浜JAZZ協会理事長)
ディレクター 柴田浩一、高桑敏雄
主な構成団体
YOKOHAMA本牧ジャズ祭実行委員会、旭ジャズまつり実行委員会、港南JAZZフェスティバル実行委員会、KAAT神奈川芸術劇場、横浜商工会議所、(一社)横浜青年会議所、(公財)横浜観光コンベンション・ビューロー、(公財)横浜市国際交流協会、横浜JAZZ協会、(公財)横浜市芸術文化振興財団
協力団体・協賛企業
横浜市役所 / 鉄道各社 / 市内企業 / 商店街等 / 多くの団体や企業が、横濱JAZZ PROMENADEを支援しています。

横濱ジャズクルー(市民ボランティア)

横浜市民が一体

横浜市民が一体

当日の運営には公募で集まった市民ボランティア(横濱ジャズクルー)が
参加。市民交流の場としてではなく、横浜市民が一体となって作り上げる
文化活動のイベントとして成長しています。
毎年、総勢約300名を超す公募ボランティア(横濱ジャズクルー)が参加
し、横濱JAZZ PROMENADEの運営の土台を支えています。